痛みを感じたら施術を|自分好みの大きさに調節しよう|豊胸手術で理想を手にする
ウーマン

自分好みの大きさに調節しよう|豊胸手術で理想を手にする

痛みを感じたら施術を

足

早期の施術で改善を

足を圧迫する生活が続いてしまうと外反母趾になりやすく、代表的な習慣には日常的なハイヒールの着用があります。小さすぎる靴、底が高い靴などを長期間履いていると発生しやすく、圧倒的に女性に多いことがわかっています。外反母趾は急激に進行することはないので、気づいた段階で治療をすれば問題ありません。美容整形の施術では、最初に足底板を使用して足に負担をかけない保存療法を行います。市販の矯正グッズはあまり効果がありませんが、これは足の形状に合わないためです。足の形状は一人ひとり異なるので、オーダーメイドの足底板でないと意味がありません。保存療法で改善しないほど重度な場合は、手術による治療が行われます。治療後は症状を再発させないように、靴選びから見直していく必要があります。

まずは検査を受けよう

X線による検査を受ければ外反母趾はすぐに診断できるため、足の痛みや違和感がある方は検査を受けてみましょう。足の形状が多少崩れていても問題ありませんが、痛みを伴うようなら食い止めないといけません。いわゆる骨の疾患ですから、放置しておいて元通りになることはないのです。初期の段階だとオーダーメイド靴の使用、テーピング、リハビリなどの方法で治療できます。足の大きさというのは朝と夕方で異なってくるものであり、夕方のほうがむくみの影響で大きくなります。そのため午前中に靴屋で購入した靴が、午後になるときつく感じるというケースはよくあるのです。オーダーメイド靴は時間帯に関係なく快適に履けるように工夫されており、外反母趾の予防にも最適なのです。